霊園選びというのは経済的な負担を考える

どんなにアクセス性の良い霊園だったとしても、適当な管理状況である霊園では後々後悔してしまいます。
大切な霊園だからこそ、お墓参りに行きやすく、さらにしっかりと管理をしてくれる場所を選ばなければいけないのです。 家族にとってお墓参りを安易にすることが出来る距離かどうかが最も大切なこととなります。
ですので霊園選びをする時には、まずは交通の便の良さが必要不可欠となります。

 

霊園選びというのは電車で行く場合と車で行く場合、またはバスで行く場合を考え経済的な負担がかからないようにしましょう。
駅やバス停が霊園の近所に設置されていますと、気軽にお墓参りをすることが出来ますので苦になりません。

 

お墓参りへ自動車を利用することを考え、駐車場とお墓の距離や駐車場からの道のりなどもチェックしておきましょう。
最近におきましては霊園や墓地が広大であり、車を降りてからある程度徒歩で移動をすることがあるので注意が必要です。



霊園選びというのは経済的な負担を考えるブログ:210719

名古屋から子どもを連れ、
上野動物園に行った時のこと…

帰り道、名古屋に向かう新幹線の中で、
疲れきったおいらたち家族はバラバラに席に着き、
グッタリ座っていた。

その日はちょうどゴールデンウイーク真っ只中。
新幹線自由席も混んでいた。

新横浜に到着するとさらに車内は混み合い、
何人かの立ち客で車内はいっぱいになった。

ひかりなので次の名古屋までは2時間近くある。
立っている人には辛い時間だ。

そんな中、立っている乗客に、
一人のおばあちゃんがいることを発見した。
年齢は70〜80歳くらい。

気にはなっていたがおいらの席からは遠く、
すぐに声がかけられない位置。

近くの人が誰か替わってあげたらいいのに…
と他人ごとのように思いつつ、
そのままおいらも座っていた。

するとおいらの家内が大きな声で、
「おばあさん、この席よかったらどうぞ」
と言って、遠くから声をかけた。
おばあさんは家内にお礼を言い、席についた。

やがて名古屋に到着。
おいらたち家族はそこで降りたわけだが、
そこでおいらは家内に聞いた。

「あんな離れた場所からよく声をかけて、席を替わってあげられたね。
おいらも気づいていたけど、少し恥ずかしかったのと、
近くのだれかが替わってあげればいいのにと思うだけで、
なにもできなかったよ。恥ずかしくなかった?」

それを聞いた家内は
「あなたはあのおばあちゃんが、
自分のおかあさんだったらどうしていた?
近くじゃなかったから声もかけず、席も替わらなかった?」

そして、
「きっとどこかで、
あなたのお父さんや母も
同じように誰かに助けられているのよ」
と言った。

おいらは目からウロコが落ちたと同時に、
自分のふがいなさに情けなくなった。


ホーム サイトマップ