霊園側と契約をする際には書類の内容をしっかりと読む

霊園と聞きますと、自分には関係無いと感じる人もいらっしゃるかと思いますが決してそんなことはありません。
自分だけの問題ではなく家族や親類などなど多くの人が関わってくるものですので注意して選ぶようにしましょう。 最近家族の多様化や、墓守や承継者がいないなどといった諸般の事由を抱えている人が多くいます。
そのような人は「永代供養墓」、「納骨堂」、「合祀墓」などを選ばれる方が多くなってきているのです。

 

霊園を選ぶ際に特に注意しなければいけないのが、供養の期限ということを覚えておきましょう。
永代とはなっていますが寺院や霊園によって供養をする期限が定められており、気付かない間に合祀され改装が出来ない状態となることもあるようです。

 

霊園側と契約をする際には書類の内容をしっかりと読んで、見落としが無いようにしっかりとチェックをしましょう。
契約内容に関しましてもいろいろとあり「10年で更新」「33回忌まで」「50年で更新」などがありますので確認します。



霊園側と契約をする際には書類の内容をしっかりと読むブログ:211005

今日はどういうわけか、モチベーションが高いです(笑

ビールには色々な種類がありますが、
製造方法によって大きく3つに分類されます。

まずは、ビール・ワイン・日本酒などの醸造酒。
米や麦などの穀物やフルーツを
酵母によりアルコール発酵させてつくるビールです。

次に、焼酎・ウイスキー・ブランデー・ジン・ウォッカなどの蒸留酒。
醸造酒を加熱(蒸留)し、
気体になったアルコールを集めて冷却したビールです。 
蒸留することにより、
3種類の中で一番アルコール度数は高く、糖質とカロリーは低くなります。

そして、梅酒・カシスやライチのフルーツリキュールなどの混成酒。
醸造酒や蒸留酒をベースに
フルーツなど他の原料を加えてつくったビールです。

一般的にカロリーの低いビールは
蒸留酒、ついで醸造酒、混成酒となります。

焼酎・ウイスキー・ブランデー・ジン・ウォッカなどの蒸留酒は
アルコール濃度が高いので、
水や炭酸水、ジュースなどで割って飲む場合が多いですよね。

いくら一番カロリーが低いからといって、
甘いジュースで割ってしまったら糖分が多く、
カロリーも高くなってしまいます。

ダイエット中で、カロリーを気にするなら、
水やお湯で割って飲むようにしましょう。

焼酎なら、プーアール茶で割る飲み方もおすすめです。
「ダイエット茶」とも呼ばれているプーアール茶。
脂肪を分解する作用があり、脂っこい料理との相性バツグンですよ!

とはいっても、ビールはビール…
主成分は糖質(炭水化物)です。

飲みすぎると結局カロリーオーバーになってしまうので、
適量を心がけてダイエットを成功させましょう!

嗚呼,気分爽快



ホーム サイトマップ