外国産の石のお墓が増えてきたその原因

大きな買い物の一つであるお墓を購入するためには、その前に霊園を探さなければいけません。
「霊園なんてどこでも構わない」なんてことはなく、利便性を考えて、その他価格面などを考慮しなければいけないのです。 最近は、日本全国で外国産の石を使用したお墓が急増してきました。
あるデータによりますと、日本で建てられているお墓の80%以上が、外国産の石で作られたお墓となっているのです。

 

外国産の石のお墓が増えてきたその原因としましては、中国の加工技術の進化と流通の発達が影響をしていると言われています。
中国の加工技術の進歩により、日本国内では非常に高価だった複雑な石の加工を手軽に行うことが出来るのです。

 

現在におきましては、お墓用の中国産の石だけではなく、インドや南アフリカ、ヨーロッパなどの国の石も多くなっています。
さらに日本の石の一部が、中国でお墓に加工され、日本に輸入がされるといったケースもあります。



外国産の石のお墓が増えてきたその原因ブログ:210612

こんにちわですー

減量をする時って、
「ウエストがすいた時、食べ物をちゃんと我慢できるだろうか?」
という不安ありませんか?

別に食べたらからといって、
何らかの罰則があるというわけではありませんし、
減量中に食べ物を食べて、
他人から非難されることもありません。

だから、
「食べない」という意思を持ち続けることに
不安を感じるんですよね。

やっぱり
減量の最大の敵は…
「ウエストがすくこと」なんでしょうか?

でもね…

ウエストがすいた時、
ちょうど何かの作業をしていて、
食べ物を食べられなかったという経験はありませんか?

そして作業もひと段落をして、
少し何か食べようとした時には、
それほどウエストがすいていない…

こんな経験をした人って、結構いると思うんですが…

「ウエストがすいた」という感覚は、
他に集中して行わなければならないことがあったりすると、
忘れてしまうものなんですよね。

だから、
「ウエストが減ったなぁ〜」と感じたら、
何でもいいので、自分の興味のあることに集中してみましょう。
メールをするのもよし、仲間と話をしたり…

他のことに集中をしていると
空腹感はどこかにすっ飛んで行くはずです。

オンラインゲームなど、手を動かすことをしていると、
スナック菓子の袋に手が伸びることも防げますよ!

空腹感を忘れるのに、それほど時間はかかりません。
せいぜい3分とか5分といったところではないでしょうか?

仲間とケータイでしゃべっていたら、
このくらいの時間はあっという間ではありませんか?

減量の最大の敵「空腹感」も、
意外と簡単にやっつけることができるんじゃないでしょうか?

今日はおしまい!!!

ホーム サイトマップ